ペニスを増大させる食生活とは?

 

ペニスの増大は食生活でどうにかなる?
短小ペニスを太く、長くしたい。そんな悩みのあなたへ!

 

ペニスを増大するのに、具体的に必要な作用は何だと思いますか?
きちんと答えられる方は少ないでしょう。

 

ペニスの増大に必要な作用として最も重視すべきなのは、
『血管拡張作用』と『男性ホルモンの分泌促進』の2つです。

 

これらの2つの作用が見事に組み合わさったところで、ペニスがより長く太くなれるのです。
この2つは、遺伝や体質だけでは無くて、食事で”ある成分”を摂取することによって、改善が期待できます。

 

ペニス増大に注目なのは3つの成分!

ペニスの増大に『血管拡張作用』と『男性ホルモンの分泌促進』の2つの作用が必要なことを述べてきましたが、
実際にこれらの効果を見込める成分は何なのか?

 

強壮成分と呼ばれる物はいくつもあるのですが、代表的な物でオススメなのが、
血管拡張作用では、『シトルリン』と『アルギニン』です。

 

男性ホルモンの分泌促進では、『亜鉛』『アルギニン』の摂取がオススメ。
アルギニンは両方の効果があると言われているので、ぜひ摂取しましょう。

 

シトルリンが多く含まれる食品

シトルリンは、以前は医薬品として使われていたアミノ酸の一種の成分です。
体内でアルギニンに変化する際に、一酸化窒素が発生し血液の流れを良くします。
ペニスへの血流を多くすることで増大効果が期待できるというわけです。

 

含有量が多いのは以下の食品。※食品100gあたり

  • スイカ ⇒ 180mg
  • メロン ⇒ 50mg
  • ゴーヤ ⇒ 16mg
  • きゅうり ⇒ 9.6mg

 

アルギニンが多く含まれる食品

アルギニンは、身体に必要なアミノ酸20種類の中に含まれており、
血管拡張作用や、男性ホルモンの分泌促進の効果が期待できる。
ペニス増大に欠かせない成分と言えるでしょう。

 

含有量が多いのは以下の食品。※食品100gあたり

  • 大豆 ⇒ 2700mg
  • 豚ゼラチン ⇒ 7900mg
  • ごま ⇒ 2700mg
  • くるみ ⇒ 2200mg
  • かつお節 ⇒ 4300mg
  • 牛ひき肉 ⇒ 1300mg
  • くるまエビ ⇒ 2000mg
  • マグロ ⇒ 1400mg

加熱処理してもアルギニンはそこまで破壊されることがないので、
安心して様々な料理で食べていけます。

 

この中でも特にオススメなのは、脂質が少ない大豆食品です。
他の食材と合わせて、カロリー等も考えながら食べていきましょう。

 

また、アルギニンはビタミンB郡と一緒に取ると吸収されやすいので、
ビタミンB郡が多く含まれた食材も忘れずに!

 

亜鉛が多く含まれる食品

亜鉛はセックスミネラルとも呼ばれていて、男性ホルモンの分泌に大きく影響しています。
亜鉛は日本人の普通の食事だと不足しがちなのが実際のところです。

 

一般的な1日の推奨量は9mg
耐用上限量は40〜45mgとなっています。

 

ペニス増大には推奨量よりは多くの量を摂取するのをオススメしますが、
亜鉛の場合はあまりにも多く摂取してしまうと副作用が起こる場合があります。
耐用上限量内におさまるようにしましょう。

 

亜鉛 食材100g辺りの含有量

  • 牡蠣 ⇒ 13.2mg
  • からすみ ⇒ 9.3mg
  • するめ ⇒ 5.4mg
  • 毛ガニ ⇒ 3.3mg
  • ビーフジャーキー ⇒ 8.8mg
  • 豚レバー ⇒ 6.9mg
  • 牛肩肉 ⇒ 4.9mg
  • パルメザンチーズ ⇒ 7.3mg
  • ごま ⇒ 5.9mg
  • アーモンド ⇒ 4.4mg
  • 卵黄 ⇒ 4.2mg

 

まとめ

ペニス増大には3つの成分を含む食品を食べていきましょう!
3つの成分は、シトルリン・アルギニン・亜鉛ですね。

 

これらを多めに摂る際の注意点は、
他の食材でビタミンや、アミノ酸、食物繊維の摂取とバランスを取っていきましょう。
牡蠣(亜鉛)ばっかり食べてしまうのは、やはり不健康です。
何事もバランスが大事というわけです。

 

 

関連ページ

65歳まだまだ女房を満足させられる秘密の精力剤
60代前半で中折れを体験。その後ありとあらゆるサプリを試すも全然効果がなかったところ、あるサプリと出会い古女房を満足させることに成功。
大人になってからもペニス増大は可能?
大人になってからもペニスのサイズが大きくなるのでしょうか?